じさつしがんしゃ

自殺をする前にあれをしろ、これをしろ、と伝える人がたくさんいるが、そのどれもが的外れだと僕は思う。
そんなもので覚悟が揺らぐなら最初から自殺なんて考えていない。少なくとも僕はそうだ。いや、別に今自殺をしようとしているわけではないが、そんな中身のないアドバイスをもらってもきっと「はあ」としか思わないだろう。
ほとんどの人間が自殺志願者に対して他人事すぎるアドバイスしかしていないように感じる。
それはたぶんその自殺志願者に全く関わりがない人間で「自殺はいけないこと」と言う本能や罪意識で咄嗟に出たアドバイスなんだ。まあ身内に自殺志願者が存在する人間の方が稀だ。
身内に居ればまた考え方やアドバイスも変わってくる、と願いたい。

 

何が書きたかったのか、と言われたら僕も分からない。
精神の状態がよろしくなくて、なんとなく「自殺 はてなブログ」などで検索をかけて、自殺未遂をした人や死のうと考えている人の文章を見て、良くない精神状態が良い意味で刺激を受けた。だからこんなテーマでブログを書いたんだと思う。

 

僕自身、自殺を考えることは減ったが、精神状態に関係なく、いつ死んでもいいとは思っている。
自殺するほどもないな程度に生きている。人間関係に恵まれているわけでもなく、したいことがあるわけでもない、ただ日々を流れるように過ごす人生だ。

 

久しぶりにたくさん文字を打った。

オチを考えていたが、思考の掃き溜めなので、自分が満足する文章を書けたらオチなんていらないか。