いなくなろうかな、と考えている。

憂鬱な日々が続くので、気を紛らわせたくて、好きなゲームでもしようと調べていた。
人間と交流がしたいこともあり、ネットゲームを中心に探していたのだけれど、特別したいというゲームはなかった。
実際してもいないのに判断するのが早すぎると思う。だけど、なんだろう、しようと思えなかった。
ネットゲームに拘らなくてもいいだろうということでコンシューマーゲームを探しにネットで調べたり、実際にゲームショップに行ってみた。
こちらも特別したいゲームはなかった。
ゲームができる精神状態でもないのだろうな、と僕は思った
気持ち的にはやりたいゲームが今手元にあるのに出来てないことからそれを察することもできた。でも僕はそのゲームをやる気分じゃないだけなんだ、と思っていた。

 

そうこうしているうちに、いなくなりたいな、と考えるようになった。それは死ぬことでもあるし、僕を知る人間が存在しない場所に行くことでもあった。
ただ僕には後者を実行出来る能力がなかった。消去法で前者だけになってしまった。
まあこういうことは僕には珍しくなかった。というか常日頃生きるのをやめたいと考えている人間だった。最近は直接的に死にたいと考えることは少なかったけれど。
こういう状態で死にたいと考えなかったのは僕も不思議だった。救いを求めていたのかもしれない。当然救いが現れることはなかった。
そもそもリアルは友達がおらず、親は僕に興味がないのだ。ネットの友達は僕はこういう状態でいるのが当たり前だと思っているだろう。
自分のことは自分でしか救えないんだな、と思い知らされる。こういう状態が当たり前じゃない人間だとまた変わってくると思う。僕は自業自得だ。
そんな自分でも自分の救い方が分からないんだけど。

 

さてはて、死にたいな。もう直接言おう。僕は死にたい。
誰も僕を気にとめず、僕のことを理解しようとしてくれるない、こんな世界からいなくなりたい。
薬に縋り、自殺を考え、自分でどうこうせずに世界のせいにするのは10代でやめておくべきだ。20代にもなってそういう状態でいる人間はもう手遅れではないだろうか。
もちろん僕は手遅れ側の人間だ。