レスタミンODの話。

その日は休日だったので人が多そうでやだなあと思い、行かないことも考えた。でも行きたい気分だったし、気分転換にと外に出た
最近外出時はもっぱらamazarashiのピアノ泥棒をずっとリピートしている。どうせ野垂れ死ぬだけのくそったれの人生。

おそらくグレーなやり方でしょうが、僕は基本的に片耳イヤホンで自転車を漕いでいる。今日も片耳イヤホンでピアノ泥棒を流し、外に出て目的地が近づこうとした頃、道路がやけに渋滞していた。
まあ休日だし、と思ってしばらく進んでいると道路のど真ん中で車と車が衝突していた。
ああなるほどね、と思った。
そのまま横切ったのだが、なぜか、ほんとによく分からないのだけれど、すごく泣きそうになった。あれはなんだったんだろう。
あとやっぱり僕は車は運転したくないなあって思いました。

目的地でレスタミンを探して、見つけたのだけれど、80錠しかなかった。120錠ないのかーと思っていたら店員さんが「何かお探しでしょうか?」と声をかけてきた。
目的のものは見つかったので「大丈夫です」と答えて、レスタミンの会計を済ました。長年引きこもりをやっているとこういう話しかけられるということに救いを感じてしまった。
なんていいましょうか、僕も人間なんだな、大げさな表現でもあるのだけれど、社会に認められたような、そんな気分になってしまいました。
ほんとに大げさだけど、長らく引きこもりをやっているとこういう機会なんてないんだ、しかたないよ。
コンビニで飲み物などを買って、家に帰った。16時くらいだったかな、まだODするにははやい時間だなあ、と思ったので、なんだか気分もよくて、ゲームをやってました。
 
夕方お風呂に入って、良い時間になったのでレスタミンODをしました。
まず初めに驚いたことがブロンよりふたまわりもちいさい。思わず「ちっさ」と声が出たくらい。
とりあえず何のためらいもなく、30錠飲みました。ブロンに慣れてるせいか、二口で飲み切れてしまいました。
そして30分経過。効果は現れない。
ゲームでもするか、としばらくしていたら、ふと身体に違和感を覚える。肌の感覚がなかった
効果が出てきたのかなとゲームをやめて、場所を移動しようとしたところ、立てない。身体が重すぎて立つことが出来なかった。数分重みと格闘して、立つことに成功した。
この重さにはすぐ慣れてしまったけれど、ブロンにはない感覚だったなあ、と思った。ブロンもブロンで身体が重くなるけどレスタミンはそれを上回る重さだった。
 
レスタミンODの目的は幻覚でした。
幻覚が見える、幻聴が聞こえるとよく聞くので楽しみにしていたのだが、幻覚は現れなかった。ざんねん。
僕が体験した症状は、身体が重い、肌の感覚がない、くらいでしょうか。
これなら僕はブロンでいいな、と思いました。。
 
レスタミンODについては以上です。
次は金パブを試したみたいです。
 
6/23 レスタミンODについて追記
少し前の話だけれど、どうせその程度の効果しか現れないなら残ったもの全部飲もうと思って50錠全部飲んだ。
効果が現れるのに1、2時間かかったと思う。神経がかなり敏感になった。ちょっとした物が肌に触れただけでビクッとなったり、ちょっとした音にビクッとなったり、自分の部屋なのにずっと何かに警戒をしていた。
幻覚…と言うべきか怪しいけれど、布が赤ちゃんの顔に見えた。視覚の違和感はそれくらいか。
30錠ではあまり効果を実感出来なかったけど、50錠ではすごかった。ブロンにはない効果が次から次へと現れて楽しかった、と同時に怖かった。
僕がレスタミンで楽しくなるのは50錠以上かな、という結論に。